看護部長 光野清美

看護部長 
良い看護は看護師自身の元気と笑顔から。
喜びも悩みも共有できる職場環境をつくり
一丸となって“身近な病院”を目指します。


 今年の3月に鎌ヶ谷総合病院から転勤してきました。看護部長の光野です。
千葉県出身でもありますので成田富里の街並みには親しみを感じています。病院から見える成田山新勝寺の五重塔には厳かな雰囲気を感じますし、通勤電車から見える田園風景には心が癒されます。毎日、新しい発見がありますね。4月に入職した20名以上の看護師たちにも、新しい病院をつくり上げる喜びを共有し、ここで働いてよかったと思ってもらいたいです。そして、心配なことがあったら、いつでも、だれでも、安心して訪れることができる“身近な病院”だと地域の方々に思ってもらえるよう、私も看護部長として力を発揮していきたいと思います。
 
看護師が元気であるために
働く環境を整える

 看護師の職に就いたのは、母の影響が強いと思います。子育てをしながら保母として働いている姿を見ていましたので、自分も社会のために働くことに迷いはありませんでした。生涯を通して働ける職業として、看護師を目指しました。
 看護師の業務は患者さんのケアをすることです。そして、看護師のケアをするのが看護部長の役目です。良い看護を行うためには、高いスキルや知識の習得は欠かせません。でも、看護師自身が元気でなければ、患者さんを元気にすることはできないと思います。看護師が生き生きと働き、目標に向かって成長できるよう環境を整えることは、結果的に患者さんへの質の高い看護の提供につながるのです。
 そのために、看護師には「頑張っているね」「良かったよ」と、しっかり声を掛けるようにしています。患者さんから、「あの看護師さんにとてもよくしてもらったのよ」と言っていただけた時には、必ず本人に伝えるなど、積極的にコミュニケーションを取るように心掛けています。以前勤務していた病院で、業務に思い悩む新人看護師から相談を受けたことがありました。数年の時間を要しましたが、今では頼りがいのある看護師として、力になってくれています。人は壁を乗り越えてこそ、大きく成長できるのだと思います。
 看護師は、学校を卒業してすぐ、初めてお会いする患者さんの日常生活のお世話をします。いくら専門の学校を出ているとはいえ、それはすごいことだと思います。看護師たちは、医師や先輩から叱咤されながらも患者さんのために頑張ろうと一生懸命です。患者さんに個別性があるように、看護師にも個性があります。内科の看護師はこうあるべき、などと決めつけるのではなく、一人一人の力を生かし合えるように環境を整えることが大切だと思っています。

病院の“これから”を
つくり上げていく魅力

 成田富里徳洲会病院は、開院4年目の新しい施設です。組織づくりもまだまだこれからではありますが、若い病院だからこそ、異なる職種のスタッフ同士、何でも相談して助け合える環境が生まれています。組織づくりに携わることができるのは、この病院だからこそできることです。大変なこともあるかもしれませんが、どんな病院に成長していくのか、とても楽しみです。